top of page
検索
  • 塾長

2022共通テスト迫る 数学予想

共通テストが迫ってきました。今年は、共通テスト2年目ということで難化が予想されます。

そこで、各科目ごとの予想をしていきます。

数学については、数学1Aについては、整数問題が難化すると考えています。予想としては、倍数判定法を予想しています。スタンダードだと進数がでるとおもいますので、苦手とする受験生が多いとおもいますので、進数の処理を再度直前に復習しておくといいと思います。

数学2・Bにおいては、大門2の微積と大門4の数列は難化が予想されます。しかし、微積はあまり目新しすぎるものは出せないので、接戦条件などをすこし文字などを複雑にして前半を難しくしてくる傾向が過去はあるので、接戦条件、共通接線条件などを文字を使う問題をすこし見直しておく必要があるのと思います。

数列は、スタンダードだと漸化式を組み合わせてくると思います。それにすこし共通テストチックに会話のやりとり、もしくは、実験問題などを絡めてくることが予想されます。よって、すこし漸化式の復習をしておく必要があると思います。またシグマ計算を直前に一度しておくと計算において本番でもあせらずにいいと思います。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

共通テスト 振り返り

共通テストについて、今年は特に数学が大きな変化であったと思います。 幸い、うちの生徒は大きな失敗もなく、なんとか希望の出願をできました。 2年目ということである程度数学の難易度の上昇は予想しており、ある程度全体として戦略を 立てていたことが功を奏したのだと考えています。 あまり得点が伸びなかった生徒は英語か国語で失点しているようです。 数学は年によって点数ブレが大きくなるため、やはり英語、国語での

2022 共通テスト ボーダーついて

2022共通テストボーダーについて各社予想の確定版が出ていましたが、当初想定されていた難化による平均点の下落と予想されるものの、例年は揺り戻しがあるのですが、今年に限っていえば、かなり現実として平均点が下落する可能性が高まってきました。 実際に分布を見てみないとわからないですが、上位者層も一定割合影響をかなり受けているようなので、例年とはここもかなり特殊な事態になっていると思います。 よって、今年

共通テスト お疲れさまでした

二回目となった、大学入試共通テストも終わりました。受験生の皆様、体調管理など大変だったことと思います。好評としては、予想されたとおり、前回と比べて難化したなという印象です。 特に、数学IAにおいては、答えを知っている解法で解くというような問題が一層減り、読解力の必要な問題となりました。よって、国語力と数学力が同時に必要な試験となってきたので、より一層地に足がついた勉強が必要となってくる、テクニック

Commenti


bottom of page