top of page
検索
  • 塾長

長崎県公立高校入試 英語対策①

近年、長崎県の高校入試の英語は非常に難易度があがってきています。

特に、図やグラフなどの資料を素早く読み取る問題などに苦手意識をもっている生徒が非常に多いです。当塾では、類似問題をさせて、答えとなりうる根拠の箇所だけをピンポイントで素早く見つけて正解を導き出す手順を教えています。

図表問題は全文を読む必要はありません。また、それは求められていません。

正しい解答の仕方は、答えとなる箇所を手早く正確に探し解答をすることです。

また、英作文にも力をいれています。理由は明らかで、配点が高く、差もつきやすく、それなのに対策をしやすいからです。

逆にいえば、比較的多くの生徒が英作文に苦手意識があるので、文法的にミスをしやすい傾向にあります。よって、 文法的にミスがない、簡単な英単語を使用しながら、減点をされない解答を書くということが思っていたより簡単だということに気づいたら逆に得意となる子が多くいます。

また、コツがあって、いきなりたとえば、「環境問題について大事だと思うことを20字の英語で書け」という入試問題があるとすると、いきなり英語で答えを書くとなると中学生の生徒にはとてもハードルが高いので、一旦日本語で答えを書いてから英語に直していくという作業をする訓練をしていくことで多くの受験生がそのハードルを超えることがなぜかできることを見てきています。

英語の傾斜配点は1.5倍や高いところでは2.0倍となるところもあります。それだけ英語重視の傾向にあり、英語が得意となれば、いっきに総合点の積み上げが可能となりますので、保護者の方はぜひここらへんを参考にアドバイスをしてあげるといいと思います。


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

共通テスト 振り返り

共通テストについて、今年は特に数学が大きな変化であったと思います。 幸い、うちの生徒は大きな失敗もなく、なんとか希望の出願をできました。 2年目ということである程度数学の難易度の上昇は予想しており、ある程度全体として戦略を 立てていたことが功を奏したのだと考えています。 あまり得点が伸びなかった生徒は英語か国語で失点しているようです。 数学は年によって点数ブレが大きくなるため、やはり英語、国語での

2022 共通テスト ボーダーついて

2022共通テストボーダーについて各社予想の確定版が出ていましたが、当初想定されていた難化による平均点の下落と予想されるものの、例年は揺り戻しがあるのですが、今年に限っていえば、かなり現実として平均点が下落する可能性が高まってきました。 実際に分布を見てみないとわからないですが、上位者層も一定割合影響をかなり受けているようなので、例年とはここもかなり特殊な事態になっていると思います。 よって、今年

共通テスト お疲れさまでした

二回目となった、大学入試共通テストも終わりました。受験生の皆様、体調管理など大変だったことと思います。好評としては、予想されたとおり、前回と比べて難化したなという印象です。 特に、数学IAにおいては、答えを知っている解法で解くというような問題が一層減り、読解力の必要な問題となりました。よって、国語力と数学力が同時に必要な試験となってきたので、より一層地に足がついた勉強が必要となってくる、テクニック

Comments


bottom of page