top of page
検索
  • 塾長

共通テスト(コロナ対応:個別試験だけで合否判定へ)

令和4年度共通テストがコロナによって、本試験、追試験を受験できなかった場合は、個別試験だけで合否判定をするようになりました。

高校以下の入試にもコロナの影響があった同様のケースは書類選考等の選考を検討を各都道府県に要請をしているとのことです。

オミクロン株による影響で非常に緊急の対応ですが、多くの受験機会を与えるとう観点からは英断だと思います。

しかし、基礎学力がない学生が合格することは避けなければならいないので、本当に実力がある生徒をちゃんと入学させるという観点で合否判定を実施できれば、不公平感もなくなると思いますが、なかなか難しいのも現状です。

当塾の生徒も幾分か影響はありますが、基本的にやることは変わらないので、健康面に留意することを第一優先で本試験で共通テストを受けることが合格への近道だと教えています。

例年、共通テストの追試は難易度はあがるので、やはりイレギュラー対応ルートが入りやすいと安易に判断せずに、万一の時のやむを得ないルートとして選択することその場合の不利になることも想定しておく必要なあると思います。

本年は共通テスト2年目、長崎県公立高校入試も刷新されて2年目になり、勝負の年です。

難易度が上がることは予想されますので、戦略面でそれを想定した戦い方をすれば自分の力をある程度は点数に反映させることが可能かと思います。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

共通テスト 振り返り

共通テストについて、今年は特に数学が大きな変化であったと思います。 幸い、うちの生徒は大きな失敗もなく、なんとか希望の出願をできました。 2年目ということである程度数学の難易度の上昇は予想しており、ある程度全体として戦略を 立てていたことが功を奏したのだと考えています。 あまり得点が伸びなかった生徒は英語か国語で失点しているようです。 数学は年によって点数ブレが大きくなるため、やはり英語、国語での

2022 共通テスト ボーダーついて

2022共通テストボーダーについて各社予想の確定版が出ていましたが、当初想定されていた難化による平均点の下落と予想されるものの、例年は揺り戻しがあるのですが、今年に限っていえば、かなり現実として平均点が下落する可能性が高まってきました。 実際に分布を見てみないとわからないですが、上位者層も一定割合影響をかなり受けているようなので、例年とはここもかなり特殊な事態になっていると思います。 よって、今年

共通テスト お疲れさまでした

二回目となった、大学入試共通テストも終わりました。受験生の皆様、体調管理など大変だったことと思います。好評としては、予想されたとおり、前回と比べて難化したなという印象です。 特に、数学IAにおいては、答えを知っている解法で解くというような問題が一層減り、読解力の必要な問題となりました。よって、国語力と数学力が同時に必要な試験となってきたので、より一層地に足がついた勉強が必要となってくる、テクニック

コメント


bottom of page